更年期の貧血めまいサプリ

更年期の貧血めまいで悩んでいます

 

更年期の貧血めまいがひどいので、何か良い対策がないか探されている方も多いようです。

 

更年期障害には、ほてり、めまい、動機、冷え、頭痛、肩こり、腰痛、耳鳴り、息切れ、腹痛、頻尿、倦怠感、目のかすみなど様々な症状があります。

 

その中でも特に更年期に多いのが貧血めまいです。

 

 

更年期の貧血めまいは、女性ホルモンの減少によって血中のヘモグロビンが不足し、それによって鉄分不足による貧血が原因で起きます。また、女性ホルモンの減少は、自律神経のバランスを崩してしまうので、鉄分不足の貧血に加え、自律神経のバランスの乱れも関係して、めまいや倦怠感が起きるようになります。

 

 

更年期の貧血めまいで悩んでいる女性のこんな書き込みも知恵袋などにもあるようです。

 

  • 更年期の貧血について。しんどいです…。 40歳になる前辺りから月経周期が乱れ始め、現在41歳ですが体がしんどいです。動悸・息切れ・めまい・吐き気等がありますので、まわりの同年代の行動になかなか着いていけず、理解をするのも難しいらしく「のろい。」等言われ、私も無理に出掛ける事も止め何だか鬱っぽいです。
  •  

  • 更年期のめまいで悩んでいます。回転のめまいではないです。ふわふわ、くらくら右に傾きます。MRIで脳の検査異常なし、耳鼻科も異常なしでした。高血圧なので薬で下げています。血圧はかなり落ち着いてきたのに、めまいが治りません。ずっとホルモン補充というのもいやなので、できれば他の薬や漢方で治したいです。
  •  

  • 私は46歳の主婦兼会社員です。最近、更年期障害がひどく、めまい・動悸・イライラ・精神不安定・頭痛があります。医者に行ったところ、「更年期はしょうがないね」といわれました。何か良い解決方法があれば教えてください。

 

更年期の治療は、ホルモン治療や漢方薬治療が行われますが、それでも更年期の貧血めまいがなかなか治らないので、何かできる対策はないか探されている方も多いようです。

 

そんな更年期の貧血めまいにはサプリメントで治す方法もあるので紹介しますね。

 

更年期の貧血めまいにおすすめのサプリメント

 

更年期の貧血めまいにおすすめのサプリメントは美めぐり習慣というサプリメントです。

 

鉄分不足を補う貧血めまい対策サプリメントはいくつかありますが、この美めぐり習慣というサプリメントには、他のサプリメントに比べてこんな特徴があります。

 

1日に必要な鉄分10mgが摂れる

吸収率が5倍高いヘム鉄を配合

粒が小さく飲みやすい

鉄分サプリ特有のニオイがない

1日当たり48円で経済的

 

貧血めまいだけでなく、更年期の症状で多い冷え性にも効果があります。

 

  • 立ち仕事なので、クラクラがないように備えて毎日飲んでいます。飲み続けて1週間で、なんか調子いいかも…と思いはじめ、今では手元にないと不安!
  •  

  • 鉄分だけじゃなくて、女性に嬉しい葉酸やビタミンが簡単に摂れるから嬉しい!生姜のぽかぽか感もイイ感じです。
  •  

  • ひどい鉄分不足で病院から鉄剤をもらっていましたが、飲みにくいしムカムカして続けられなくて。これは飲みやすいし成分も安心。

 

 

美めぐり習慣は15日間全額返金保証付きなので、更年期障害の薬やサプリメントを使ってもなかなか治らないという方は、一度試してみるのもいいかもしれませんよ。

 




 

貧血めまい以外にも更年期の症状がある方にはエクオールサプリメント

 

鉄分不足による貧血めまいだけでなく、それ以外の更年期の症状がある方には、エクオールサプリメントもおすすめですよ。

 

エクオールは、女性ホルモンの減少を補ってくれる成分として効果があるので、更年期障害の症状を改善してる効果が期待できます。

 

エクオールサプリメントを飲んでいる方の口コミ

 

  • 最近、ちょっと歩くだけでも”ドキドキ”が激しく、気持ちだけでは体がついていかない年齢になったと感じることが多くなりました。同時に一日中体がヒンヤリの悩みも…そんな時、友人からすすめられてもらったこのサプリメントを飲み始めてから、めぐりが良くなったのか、ドキドキが気にならなくなりました。和漢植物を使っているので安心ですね。粒が小さく飲みやすいことも決め手です。
  •  

  • ホルモンバランスが崩れたのでしょうか。年齢と共に体温調節が難しくなり、急に汗をかいたり、顔が赤くなったり…ネットで調べてみたら私の年代では多くの方が経験されていることを知り、そこで紹介されていました。今では人前で赤ら顔も気にならなくなり、以前に比べて外出が多くなりました。また寝汗も気にならず、朝起きて「あっ、調子いいな」ってわかります。毎日快適に過ごせています。

 




 

更年期の貧血の原因

 

更年期の貧血は、食事からの鉄分不足に加え、鉄分吸収率の低下が原因と考えられています。

 

食生活での鉄分不足

 

貧血の原因として多いのが、食生活での鉄不足です。男性や閉経後の女性が1日に必要とする鉄分の量は1mgですが、食事から鉄分を摂っても実際に吸収されるのは吸収率が10%程度なため、食事からは10mgの鉄分を毎日摂らなくてはいけません。

 

通常の1000kcalあたりの食事には6mgの鉄分が含まれていますが、日本人は1日7mgが平均的な摂取量だといわれています。通常の食事では、1日に必要な摂取量にも足りていないことになります。

 

 

鉄分が吸収できない

 

鉄分を食事から摂っても、一般的には吸収率が10%程度なので、吸収率も鉄分を補うときには考えておくことが大事です。健康な人の鉄吸収率は10%ほどですが、消化器の病気などでは鉄の吸収率は更に低下します。

 

体内に鉄を吸収するためにはタンパク質やビタミンが必要になります。ダイエットなどで偏った食事をしている場合、鉄分を摂取してもうまく吸収できないことがあります。

 

 

慢性的な出血

 

胃潰瘍や十二指腸潰瘍、大腸がんなどの消化管の疾患や子宮筋腫などにより継続的に少しずつ出血している慢性的な出血も貧血の原因になります。

 

少しずつの出血であるため気づかずに血液を失っている事になります。この慢性的な出血は鉄欠乏性貧血の原因として最も多いもので、鉄分不足の貧血の原因になっています。